府中家具

納品事例 | 府中家具 土井木工株式会社

納品事例

納品事例NO.105「ウォールナットのマテリアルテーブル」

material table
 

尾道市にお住まいのお客様へ「マテリアルテーブル」をお届けして参りました。

 
wave
 

天板の厚みは4cm。この厚みのウォールナットは手に入りにくく希少な材料です。

マテリアルテーブルのウォールナットは杢目も揃えて作りますので無垢材ならではの

自然な温かみが溢れる優しいテーブルになりました。

両端はウェーブスタイルで自然の耳のような形状になっています。

 

CS CS2
 

天板の汚れが気になる場合は「CSマット」のご購入をお勧めしております。

CSマットはホームセンターなどで販売されているビニールシートとは違い

経年変化の黄ばみも少なく、透明感があります。

せっかくの無垢板にビニールは . . . と気にされる方にぴったりです。

形状もウェーブの形に合わせてオーダーできますので、円形などの曲線も加工できます。

今お使いのテーブルにも合わせて製作可能ですのでお問い合わせください!

 
chair
 

ナチュラルな敷物にもピッタリなウォールナットのマテリアルテーブルでした。

この度は誠にありがとうございました。

納品事例NO.104「高山ウッドワークス」「マテリアルテーブル」

takayamawoodworks

 
M様邸のリビングに引き続き、ダイニングの納品写真をお届けいたします。
納品させて頂いたテーブルは土井木工製の「マテリアルテーブル
イスは「高山ウッドワークス」です。

 

captain chair

 

高山ウッドワークス – TAKAYAMA WOOD WORKS

奥のイスは「SC4k – fan back chair / ファン バック チェア」

手前右手のイスが「W553 – comb back chair / コム バック チェア」

手前左手のイスが「SC3K – captain chair / キャプテンチェア」です。

それぞれの名前はイギリス伝統のウインザーチェアの形に由来します。

ウインザーチェアにはファンバック式、コムバック式、リラバック式、スティックバック式など

いろいろ種類があります。その数ある種類の中から、デザイナー「岩倉榮利」が

日本の和を見直し、今の生活様式に合わせた独自のウインザーチェアを完成させました。

イギリスで生まれたウインザーチェアですが、どこか日本の和を感じる。

それが「TAKAYAMA WOOD WORKS高山ウッドワークス」です。
 
material table

 

続きましてテーブルのご紹介を。

 

マテリアルテーブルの脚部は2本脚タイプをご選択。

4角に脚がないため脚間が広く取れ、出入りが楽な設計です。

ほぼ天板の端に脚を設置していますのでW1600mmのサイズでも

ゆったりおかけ頂いてお食事を楽しむことができます!

中心の脚も80mm角ありますので強度もばっちりです!

 

doi

 

size

 

ウォールナットの無垢材

テーブルの天板はアメリカは五大湖周辺に生息していた上質なウォールナットで製作します。

厚み50mmから作られるテーブルは木の温もりたっぷりの仕上がりになります。

 

IMGP2172

 

木取り

天板は通常6枚から8枚の板を使用します。アメリカからは約100枚単位の束で送られてきます。

まず束を選び、その中から家具の種類(ソファ、テーブル、テレビボードなど)ごとに

木を分けていきます。土井木工入社したての新人たちが最初に覚える木取りです。

 

waknut

 

select

 

number

 

6/1600の確率

そしてテーブル用に分けた中から10枚程セレクトします。

そこからさらにテーブル用に6枚を決定し木に番号を付けます。

色を選び、杢目を選び厳選された6枚です。

この確立を見てください。たった一枚のテーブルを作るために

1600枚(16個の100枚の束)の中から6枚を選ぶのです。

これがお客様の木の出会いの為に最善を尽くした結果です。
 
press
 
kansou

 

熱圧プレスで含水率を調整

選ばれた木材は加工前の最終段階に入ります。アメリカで人工乾燥を終え日本で天然乾燥された

板は最後の調整として熱圧プレスにかけます。熱さ150℃〜200℃(木によって熱さを変えます)に

熱した鉄板で木をプレスします。この作業で木の狂いや歪みを防ぐ効果があります。

 

CNC

 

CNC Router from DOI FURNITURE on Vimeo.


Make a finger joint by the special blade.


 

フィンガージョイントの加工

熱処理が終わった板はいよいよ加工の段階に入っていきます。

まずはフィンガージョイントと呼ばれる加工をCNCルーターで行います。

ジグザグ状の刃物で削り木の表面積を増やし、接着面積を増やす目的があります。

CNCルーターで数値制御し、人の手で行う汎用機ではできない精度を実現します。

土井木工の全ての無垢材の天板はこの作業を行います。

 

finger joint

 

fingerjoint

 

高周派プレスで接着

high frequency

 

高周派プレスで接着剤を硬化させ天板が出来上がります。

フィンガージョイントで接着面積が増えることでより接着力が強くなります。

 

belt thunder

 

BELT THUNDER from DOI FURNITURE on Vimeo.


ベルトサンダーで、一枚板の天板を研磨しています。


 

ベルトサンダーで生地研磨

接着が完了すると生地研磨の作業です。大型のベルトサンダーでレベルを揃えます。

熟練の職人がそっと手をあてて研磨されていきます。同じ部分にずっと手を添えるだけで

板が削れてしまうので注意が必要です。この作業でざらつきを無くし板からテーブルへ

変わっていきます。

 

CNC Router from DOI FURNITURE on Vimeo.


Walnut plate has drilled a hole by cnc router.


 

CNCルーターで穴加工

最終的にCNCルーターで脚の形状に合わせて穴加工や削り出しを行います。

 
TWW

この天板の美しさを実現させる為にさまざまな工夫を施しています。

家具ができるまで見ることができないお客様もいらっしゃると思いますので

ちょっとしたweb工場見学でした。

広島県府中市の本社工場では常時工場見学を受け付けておりますので

ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

Mさま、この度は誠にありがとうございました。

納品事例NO.103「AUTHENTICITY FINE SOFA RF」

AUTHENTICITY FINE SOFA RF

尾道市にご新築されたM様邸へ「AUTHENTICITY FINE」シリーズより「ソファRF」と

「テレビボードRF」、「Z型サイドテーブル」をお届けして参りました。

ブラックチェリーのブラックチェリーのフローリングと建具のバランスを見て、

ウォールナットの家具で統一しました。

AUTHENTICITY FINE TV BOARD RF

AUTHENTICITY FINE TV BOARD RF 2

テレビボードはソファRFとデザインが統一されたタイプで、天板と側の脚、引出しの前板が

ウォールナットの無垢材で、その他の部分は厳選された杢目を持った突き板で作られます。

左側の引出しは大きく取って、中に小さな引出しを小物等も収納できるようになっています。

右側の引出しは2段にして収納力をアップしています。

真ん中はAV機器を収納できるよう、コンセントのコードの抜け等が綺麗に収まるように

設計されています。天板もデザインに合わせて三角形のコード穴が付いてます。

SOFA RF Z1
SOFA RF Z2

Z side table

ソファにはZ型サイドテーブルをお選び頂きました。

AUTHENTICITY 及びAUTHENTICITY FINE シリーズのソファは全て

最新のお掃除ロボット(高さ90mm)が通れるように、足下を100mm空間を空ける

設計になっているお掃除に優しい設計です!

その100mmの隙間を利用してサイドテーブルを差し込みコーヒーテーブルとして、

読書やパソコンのお時間に使って頂けます。

タブレットなどをおいて使って頂いても良いですね!

AUTHENTICITY FINE RF

次回はM様邸のダイニングセットのご紹介です!

納品事例NO.102「AUTHENTICITY SOFA B」をセットで!

東福山市のS様邸へ「AUTHENTICITY」シリーズのファーストモデル「ソファB」と

リビングテーブルTをお届けして参りました。

2003年にデビューした「AUTHENTICITY」、このソファが無ければ始まりませんでした。

道畑拓美氏が30代後半という恐ろしい年齢でデザインしたソファです。

武蔵野美術大学とイタリアで修行された実績の集大成をAUTHENTICITYでいかんなく発揮されています。

このなんともないリビングテーブルも道畑氏のこだわりが詰まっています。

脚の形状は上部が5角形をなし、下部が3角形をしている多面体です。

天板も通常は木の大きさ通りランダムのサイズで接ぎ合わせていますが、

「AUTHENTICITY」の天板は全て均等サイズの板を接ぎ合わせています。

このリビングテーブルも奥行きが650mmありますので、約108mmの板を

6枚均等に接ぎ合わせています。

ソファは1台で良いと思っている方もいらっしゃると思いますが、2台あると空間に心地よいゆとりが生まれます。

S様この度は誠にありがとうございました.

納品事例NO.101「AUTHENTICITY SOFA E COUCH」

府中市にお住まいのS様邸へ、オーダーメイドのシューズボックスをお届けして参りました。

ウォールナットの無垢材の枠組みと、木目が美しい突板のボックスです。

壁の巾木も避けて設計しています。オーダーメイドならではの細かな設計です。

S様邸には昨年末に「AUTHENTICITY ソファE」のシェーズロングと、リビングテーブルをお届けしておりました。

幅は3mと大きなタイプで、AUTHENTICITYシリーズのソファで最大の大きさです。

半年が経過して、ウォールナットの経年変化がゆるやかに進んで良い色になってきていました。

靴箱、ソファ、リビングテーブル、フローリングをウォールナットでこだわりました。

靴箱は作ったばっかりの色をしていますが、これから経年変化してより良い色になるでしょう。

S様この度も誠にありがとうございました。

↑ページ先頭へ