kitoki ベッド

納品事例NO.59「kitoki DK17.muku bed」

納品事例NO.59「kitoki DK17.muku bed」

2014夏の新作モデル「kitoki DK17.muku bed」のご紹介をかねて、倉敷市にお住まいのO様邸の納品事例とともにご紹介したいと思います。

今年に入ってデザインの打ち合わせを重ねて参りました。

ベッドのデザインは小泉誠さんと、こいずみ道具店のみなさまです。

いくつか議題に上がった項目をご紹介致します。

一つ:宮付きタイプのベッドであること

一つ:ステーションタイプであること

一つ:布団タイプとマットレスダイプの2種類の高さ調整が簡単にできること

一つ:フレームは節や白太がある無垢材であること

一つ:桐スノコであること

以上5つの項目がコンセプトです。

kitoki DK17.muku bedはいわゆる宮付きと呼ばれる型(ヘッドフレームに、時計や携帯などの小物を置くスペースがあるもの)ですが、あまり重い感じも出したくないので、ヘッドフレームはシンプルにホワイトオークの無垢材でデザイン製作しました。

ウォールナットの部分をアクセントにしてkitoki muku seriesの統一感を出すとともに、その部分にスマートフォンやタブレットなどを置くことができます。

ステーションタイプの構造(サイドフレームが浮いてすっきりな印象をもち、掃除もしやすい型)は、脚がフレーム一体型ではなく、独立しているのですっきりとした印象を持ちます。

足の小指をぶつけることもありません。

またこの度のものは”ふとんタイプ”ですので、桐スノコの上に、今お使いの布団を敷くことができます。

マットレスを置く場合は、脚が2段階の高さに簡単に調整できるので、フレームの高さを低くすることができます。

写真の脚の溝の部分でセパレートできます。ねじ込み式なので簡単です。

以前製作したプロトタイプのウォールナット無垢ベッドも併せて納品させて頂きました。

O様、この度は誠にありがとうございます。

↑ページ先頭へ