ダイニングテーブル ミズナラ

納品事例NO.46「北海道産ミズナラ材」のダイニングテーブル

納品事例NO.46「北海道産ミズナラ材」のダイニングテーブル


前回の続きです (๑˃̵ᴗ˂̵)و

北海道生まれの水楢(ミズナラ)材で製作したダイニングテーブルです。

上の写真は北海道の山奥で撮ってきました(*´ω`*)

ミズナラ材とウォールナット材の2トーンで天板を製作しております。

ジャパニーズオークと呼ばれ世界で通用する木と、世界三大名木のブラックウォールナットの競演です。

ダイニングチェアは隣町福山市の塚本木工所の名作「TCW2031」です。

通常はホワイトオーク、ウォールナット単材で製作されますが、この度のテーブルに併せて格子部分のみウォールナットで製作してもらい2トーンのオリジナルの椅子を製してもらいました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

幅2200mmのテーブルなので、椅子3脚もすっきり入りました(◍•ᴗ•◍)

S様、この度は誠にありがとうございました。

写真もすごくいいのが撮れました。今後とも宜しくお願い致します。

↑ページ先頭へ