オーダーメイド リビングボード

納品事例NO.87「オーダーメイドのリビングボード」

納品事例NO.87「オーダーメイドのリビングボード」

福山市にお住まいのH様邸へ、ウォールナットで製作した「AUHTENTICITY テレビボード C」と

オーダーで製作したリビングボードをお届けして参りました。

テレビボードCはオーソドックスな形でありながら円形の取手を彫り込むことによってモダンな印象を感じます。

枠と引戸の框、引出しの前板はウォールナットの無垢材で製作しています。

オーダーメイドのリビングボードは、左半分を引出しに、右半分を観音開きの収納が欲しいと

お客様からご依頼いただき製作しました。引出し部分と開き戸部分の杢目は通しで作っているので

ウォールナットの美しい杢目が繋がり統一感を持たせます。

お掃除ロボットが通るように脚を浮かせたデザインで、台輪を使った和ではなく

モダンな印象を持たせています。

引出しの箱は桐材で作り蟻組加工を施しています。

この蟻組は府中家具組合のシンボルマークにもなっています。

天板は厚めの突き板を使用しています。

通常の突き板は0.2mmの薄さなのですが、今回は0.6mmの厚みを使用しています。

通常タイプ3枚分なのでより無垢らしさを出せるとともに、製作コストを抑えることも可能です。

オーダーメイドならではの適材適所の材料の使い方もできます。

H様この度は誠にありがとうございました。

↑ページ先頭へ