authenticity ソファ

納品事例NO.11「AUTHENTICITY SOFA BⅡ COUCH SET

納品事例NO.11「AUTHENTICITY SOFA BⅡ COUCH SET」

東広島のお客様へ”AUTHENTICITY SOFA BⅡのカウチセット”をお届けして参りました。

“COUCH(カウチ)”とは中世のフランスの古い言葉であるフランシア語の”COUCHE”に由来し”ベッド”を意味します。

 

お国が変わりまして現在のイギリスでは”CHAISE LONGUE(シェーズロング)”と同じく、COUCHE(カウチ)は特殊なソファのことを差し、ソファが座るものであるならば、カウチは寝るためのものとされているようです。

 

ご覧のように脚を伸ばせてリラックスできる長さを持っています。

OTTOMAN(オットマン)はFOOT STOOL(フット スツール)とも呼ばれ英語圏が主流の名称のようです。

 

ただ”AUTHENTICITY”の”OTTOMAN”はただの脚置きだけの機能では終わらず、ウェービングテープの上に高密度ウレタン採用し、さらにハンガリー産のフェザーをふんだんに使用し、座るだけならソファとまったく同じ作りになっています。

 

「そこまでこだわらないといけないのか?」

とよく仰る方がいらっしゃいますが、”こだわり”というのが土井木工のポリシーです!!

もうひとつの”こだわり”はクッションの生地です。

お客様もこれにはそうとうのこだわりをもたれており、お使いのカーテンの色との組み合わせには時間をかけてお決めになられました。

カーテンがターコイズカラーのお色ですので、ファブリックは”SHシリーズ”より”GR(グリーン)”をお選びに。

 

GR(グリーン)ですが、緑と水色の糸で織られているのでちょうどターコイズ色に近い

カラーになります。

“ブラックウォールナット”の木肘と”SH-GR”のファブリック、カーテンの組み合わせ。

とても美麗にコーディネートできました。写真のご協力真にありがとうございます。

↑ページ先頭へ