オーセンティシティ ソファ

納品事例NO.8「オーセンティシティ ソファ D」

納品事例NO.8「オーセンティシティ ソファ D」

府中市にお住まいのお客様へ、土井木工の職人の最高技術で製作された”オーセンティシティソファD”のお届けをしてまいりました。

 

タイプDは8/4インチ(5cm)厚みのブラックォールナットを贅沢に2枚はぎ合わせ、三角形のアームが特徴のウッドフレームです。

 

アームのウッドフレームはすべてに角度が付いており水平垂直な面がありません。

実際に触れてみないと分からないくらいの繊細な角度も付いており、大胆なフレームの太さと洗練されたデザイン、それを実現させる土井木工の職人。

 

最高峰のウッドフレームソファです。

 

バックも縦ルーバーのようにクッションを支える機能とデザインの調和がとれています。

この縦ルーバー1つ1つ節が無いのはもちろん、木味を整え、木の独自の色をそろえるようにしています。

 

いろいろなところで手間を惜しまず製作することが”ものづくり”の原点ではないでしょうか。

リビングテーブルはソファDと同じく三角形が特徴の”リビングテーブル D”をセットに。

 

やはり最高峰のソファには最高峰のリビングテーブルがばっちり決まりますね!

とても鮮やかなブラックウォールナットです。

 

撮影ご協力誠にありがとうございました。

 

↑ページ先頭へ